PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

もらった本の感想とか委託情報とか

昨日は筋肉痛とか体のだるさでなんも出来なかったー。延々と本読んで体験版やって。
今日ちょっと修正加えて書店分再販かけておいたので、
多分20日~22日の連休辺りには書店委託できると思います。

文好きはもっと文を好きになってくれたら、そうで無い人はこれから好きになってくれたらとか
そんな想いをこめきった漫画です。良かったらお手にとって頂ければ。
ちなみに表紙の印刷はほぼ理想的といっていい出来でした。すげーテンション上がった。
里村さんのタイトルロゴ含めて皆に自慢して回ったら里村さんスゲェ君じゃこれはありえないと
皆から暖かい感想をいただきました。俺もそう思う(笑
またよろしくお願いします!!!!!(何

で、体験版。うちは特にネタバレすることは無いんで安心して見れるサイトですが軽くやった感想。
ツインビーを凄く思い出した・・・。道中の面白さはシリーズの中でも一番じゃないか?
ノーマルはシステム理解したら前より全然楽、ハード以降がその分きっつい。
音楽の風、STGの地、システムの星ってイメージ。

音楽はまだ聴いて無いけどこれからipodに黙々と投入する作業を・・・。原稿のお供に!

んでもって同人誌。
今回はちょっと別ベクトルゆえ甲乙つけがたいが、
こおりあめのげんたさんのエンゼルフォール
いよかん。のほたさんのかぜなきし
が同率一位な感じ。
前者はコミカルに動くキャラにほとばしるエロス。凄く楽しい漫画に仕上がってて
後者は純シリアス。ハイレベルなネームにハイレベルな作画が入るとこうなるんか・・・。
どちらも見て損させない漫画。特にげんたさんのはなぁ・・・くそぅ、文可愛い。
負けを認めてなるものかー!

他にはー。前に引き続きごるぺどの人の作画がおかしい。ありえねーくらいハイレベル。
バトル描写でこの人の右に出る人いねーだろ。妖鬼 -密-かっこよすぎる。
順当に上手くなってるし今後も期待大。
ギロチン銀座のももいろ乙女紀行。喜んでる美鈴と咲夜で吹いた。相変わらずテンション高い。
総集編も素敵な仕上がりで、是非手にとって見て欲しい。
ジギザギのと、言うわけで。ずっと好きで買ってるサークルなのに感想言ったこと無かった気がする。
相変わらずの独特のテンポではまると抜け出せない漫画。バキ好きにはパロネタは回避不可。
即席魔王のどす恋ピヨニッシモ。駄目だ俺この人の漫画好きすぎる。なんて自由な漫画なんだ。
ポポインさんからもらったぴようつほもすげー可愛い漫画だった。開幕でやられる。
お空愛されてるなぁ。絵だけでなくちゃんと漫画描ける人だし、是非オフ本を見てみたい。
C-Base 2ndのすまきさんの新刊(名前難しい本(何))
実は俺が東方に出会う前から好きな作家さん。雲の上の人。
可愛い、という方向性ではほぼ理想の絵。あれでコミカルにキャラが動くともう卑怯としか言えん。
こげコロッケのKISS!KISS!!KISS!!!今回に限らず毎回安心して読めるクオリティ。
永遠面子好きだなぁ。女性作家って輝夜妹紅好きな人多い印象ある。
少し前の本だけどふぐりのサックのマーチ。エロ注意。今作のうのうも良かったけど
前の本は完成度が半端無かったので。つか絵のレベルがありえん高さ。これで漫画も上手いって
どんな話だ。最近見つけた作家さんでは一押し。

後、改めて差し入れモノ確認してみたけど今回めっちゃもらってる・・・お茶はなんと6つもw
ままどおるや好物のバームクーヘン。珈琲やお茶に合うものがいっぱいで本当に感謝。
地味に会場でもらった桃のど飴も嬉しかった、喉痛かったのよー。のど飴のくせに旨いし。
中々そういったものに返せるものもありませんが、
夏にはまた今より一つ上の本を作れるように頑張ります。

○C76カット
C76カット
例大祭のカット描く時に一緒に描いてた奴なのでちょっと古い絵。
しかも例大祭は咲夜本描く予定だったから文のカットなんだけど
夏は多分咲夜本描きます。もうシリアスもの随分描いて無いしっていうか
今度こそ咲夜VS妖夢を・・・ネームは・・・ネームは出来てるんだ。
問題はアホみたいな量。シリアスはギャグよりよほど絵に時間食うしなー。
作画早い人が羨ましくて仕方ない。

まぁ5ヶ月あるし合間見てちょいちょい進めるかのう。

| イベント情報 | 23:35 | comments:16 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

文好きはもっと文を好きになってくれたら→そんな想いがひしひしと伝わってきました、初めて文を見た時と同じような感じがして。面白さと同時にどこか懐かしい・・・読み終えてそんな気分でした、どうもありがとうございました!

体験版はやりましたが、今回は全体的に音楽がけっこう好みですね~。特に三面の道中とか

そしてコミケ・・・いよいよ咲夜さん対妖夢ですか!例大祭終わったばかりなのに今からワクワクが止まらない!自分も懲りずにまた申し込みしたりしてみました。2連で落ちたりするんでしょーか・・・そんな気がしてならない今日この頃

| 夜式 | 2009/03/10 23:52 | URL | ≫ EDIT

新刊は翔さんの言うとおり楽しみにしていて正解でした。とても文とスイカ可愛かったです。

体験版やりました。システム理解に軽く悩みましたが理解したらスラスラと三面クリアできました。
音楽は一面のボスが良かったです。一面のラストスペルも結構カッコよかったです。
そして、何より二面のあの子は何なんでしょう!!カワイイキャラクターが出てきてくれましたねww

遂に夏コミで咲夜本が完成するかもしれないのか!!ヤバイ、眠れない夜が続きそうだな・・・。

| 耳手 | 2009/03/11 02:27 | URL | ≫ EDIT

例大祭お疲れ様でした。
入場した時はあまりの広さにあっけに取られましたが始まってみると絶妙な通路配置でしたね。
そして私は会場でウイルスの差し入れを頂きインフルエンザに罹ってしまい現在くたばっております。お医者曰く、A型B型両方陽性?こんなの見たことがない、だそうで…。助けてえーりん。

氷川さんの新刊だけは症状が出る前に読んでおきました。叫びますねアレは。文にあんな格好させるなんて罪なお人だ。

んで今回CD今のところ27枚入手しているのですが、ルナダイアルが一曲もはいっていません。なん…だと…
HR/HMに偏っているので他は分かりませんがまさかまさか。
差し入れも氷川さんの故郷のお茶だとは露知らずこちらもまさかまさか。

| らくみか | 2009/03/11 12:25 | URL | ≫ EDIT

委託情報ありがたいです~
これで連休、文三昧の暮らしが約束されました!

氷川さんの同人誌の感想を見ていると
ついついノーチェックだった本にも
目が行ってしまうので困りますっ(主に金銭的に

しっかし鬼神狂のオススメ度がすごいですねwww
まぁ書く言うわたしも大好きで読んでいるんですが
おっしゃられること、わかりますw

夏コミはシリアス本ですか
「幻惑の死と師と」以来になりますでしょうか?
咲夜VS妖夢との事できっと華麗な剣戟が見れるに!
しかし咲夜、妖夢というと「光より速く!」の大好きなあのシーンが頭をw

例大祭が終ったばかり(三日前に^^;)ですがまた頑張って下さいませ

| けいす | 2009/03/11 23:32 | URL | ≫ EDIT

お疲れ様でした~

例大祭お疲れ様です。
初めまして烏丸といいます(´ω`)
なんかティンとキて今回初めて本を買わせていただいきましたが・・・グッジョブ(´ー)b
腹筋崩壊しかけましたょヽ( ´ー`)ノ
次回は夏コミですね~、楽しみにしてますねん~

| 烏丸ユズハ | 2009/03/12 01:03 | URL | ≫ EDIT

シリアス本とか久々すぎるw
さあ!今から夏が楽しみだwww

| ホワァ! | 2009/03/12 13:24 | URL | ≫ EDIT

桃のど飴のほうは喜んでいただけて何よりです(*´ω`)
会場のほうは地味に埃っぽいというか乾燥してるというかでのど飴を持っていってよかったです

夏の新刊も楽しみにしてますね!

| カエデ | 2009/03/12 17:08 | URL | ≫ EDIT

ツインビーとはこれまた懐かしいですね。
チリンチリンとベルを鳴らして色変えて、狙った色でパワーアップ、似てる
体験版、音楽は全体的に明るくて楽しげな印象、道中は地霊よりは楽な感じがしますね。しかし新システムのおかげで暴走事故も多発

夏は…遂に咲夜VS妖夢ですか!これはもう今から楽しみな訳ですが、ご自身の目標の為の時間を確保した上で頑張って頂きたいです。応援している人が目指した所に到達してくれればこちらも嬉しいですし。

ところで…体験版2面道中の音楽の冒頭、これが風神少女の冒頭と被って聞こえて仕方がないです。新刊で摂取した文々。成分の影響がこんなところで出てくるなんて!

| 164% | 2009/03/12 20:43 | URL | ≫ EDIT

文がかわいい。
文がかわいい。
大事なことなので(ry

でも萃香もかわいい。

今回の新刊、かなりいい感じに気が乗ってて完成度高いですね!
テンポよくかわいくかっこよく。しっかり咲夜と。
読んでてニヤニヤしちゃうニヤニヤ。
しかしやっぱり最強は霊夢(笑)

巻末のひとことが大好きです。

新作は、事故死多発注意CAUTION! な感じが。赤いのが、赤いのが!
しかしこうして見ると、まだまだ自分の知らない名作がいっぱいあるなぁと思うと東方の二次創作は広いですねほんとに。
ごるぺどさんはちょっと前から買ってますが、弾幕の漫画表現がすごいですよねホント。

夏はついに咲夜妖夢ですか!
例大祭が早かったのもこのためと思って、ぜひぜひ。
楽しみにしてます。

| 芝 | 2009/03/12 21:54 | URL | ≫ EDIT

棺担ぎのクロ3巻が6月延期という現実は私の心を乾かすのには十分だった(挨拶

はやく星やらないとー、ツインビーは大好きでした。
プレイしたのは3だけど!

ごるぺどさんとこの作画はほんと異常ですね。
弾幕の光ってる感じとか空中戦の立体感がたまらない。

描き込まれた絵に限って自然に見えすぎてふーん、って感じで通り過ぎちゃいそうになりますが
自分で描こうとすると全然描けない。
いい漫画はほんとコロンブスの卵パック。

夏はひさびさのシリアスなのですね。
文への愛詰め合わせ本でツヤツヤしつつ待ちます。

| *p | 2009/03/12 22:45 | URL | ≫ EDIT

まさに文好きがもっと文を好きになれた新刊でした。
咲夜VS妖夢本、楽しみにしています。

ままどおるも気に入っていただけたようで何よりです。
地元の数少ない名産品ですので。
良ければまた差し入れさせてもらいますね。

| ゆずき | 2009/03/13 06:38 | URL | ≫ EDIT

ジギザギが好きとな?
ならば共に半裸の阿求嬢をば堪能しましょうや。

| nanashi | 2009/03/13 10:09 | URL | ≫ EDIT

文よりもsuicaの方が好きになってしまいました!(爆

あと安物のクッキーでごめんなさい。
たぶんきっと、お茶請けには合わない味だったかと orz

咲夜さんに期待~♪

| ゆう | 2009/03/13 17:25 | URL | ≫ EDIT

>夜式さん
文って本当魅力的なキャラしてると思うんですよねぇ。中々描ききれないけど、今回はまたいつもと違う部分を描けたので満足です。主人公役に中々座ってくれないのですよ、文。

音楽は自分は2面が好きですねぇ。じわじわ来る。

コミケの当選率的には2連続で落ちる可能性も・・・。3回目は大丈夫みたいなんですけど。
頑張りますよー。

>耳手さん
萃香があいつほっといても可愛いから、文も負けてられるかと頑張りましたw

一面ラストはハード以降が凄いですよ。キッツい。
一度お試しあれ。2ボスはなんともZUNさんらしいなぁと思いましたw

咲夜本というよりはどちらかといえば妖夢本ではあるんですけど。ちゃんと描ききりたいなぁ。

>らくみかさん
例大祭、広くて良かったですねぇ。歩くのは疲れましたが、本当に良いイベントだった。
い、インフルさんはご愁傷様です。インフルかかったことないんだよなぁ。

文のあの格好は咲夜が過去に着たものですw
萃夢想2P仕様の青。

CD27枚てとんでもない量ですね・・・。ルナダイアルはしかしすばらしいのを手に入れたのでこれでしばらくは闘えます。

>けいすさん
20に多分出てると思うけど。届き次第売ってください~って言ってるのでちょっと早い可能性も0じゃないッス。

自分が紹介してる同人誌は、自分が本当に良いと感じたものしか紹介してません。人に薦めるわけですし、漫画には中々嘘がつけないので。
特に一押しにしてるものに関しては自信持って薦めてるので、是非。ごるぺどさんのそれは、自分の描きたい、しかし描けない領域のものを描いてますからねぇ。たまらん。

永琳VS咲夜でスペカバトルは描きましたからね。妖夢VS咲夜では近接戦闘を描きたいところ。

>烏丸ユズハさん
はじめましてどうもー。
お手にとっていただき大変ありがたく。
シリアス物はまた違った雰囲気の漫画になってしまいますが、次の作品でも、手にとっていただけるように頑張りますよ~。

>ホワァ!さん
本当久々ですよ。シリアスは話自体への思いいれが強くなりがちで、納得いくものを描くのが難しいんですよね。でも頑張ります。今出来るマックスを。

>カエデさん
のど飴は助かりましたー。朝から喉の調子悪くて困ってたのですよ。今も家でカリコリ舐めさせてもらってます。擬音がおかしいけどこれで合ってます(何

次も読んで良かったと思わせれる本を作りますよー。

>164%さん
暴走事故は多発しまくりですねぇ。特にハード、Lunaticと難易度が上がるときついきつい。

夏までの期間は本当頑張らないと。やるべきことやりたいこと。全部やっていきたいものです。
風神少女はごめんわかんなかったw

>芝さん
文は可愛い。萃香も可愛い。ゆかりんも仕方ないから可愛いことにしといてあげよう(何

何故かゆかりんが一部地域に大ヒットしてました(笑

咲夜は描きたかったんだものー。巻末の一言はちょっと言いたかったので。タイトルへの答えですし。

ごるぺどさんのはあの萃香大群の構図とかが特に好きですねー。あれは描けない。魔理沙VSお空の必殺技合戦の画面もぐっと来たなー。
盗みたい技術がてんこもりですわ。

>*pさん
そそ。同人誌ですらそれなのです、いつも何気なく見ているジャンプやマガジンの漫画なんか本当にすばらしい技術の塊なんですよね。自然に見てると気付かないですし、気付かないほど当たり前に描いているんですよねぇ。

もっと上へ上へ。良い漫画を描けるようになりたいもので。

>ゆずきさん
ままどおる旨かったですわー。お茶と一緒に食べたけど珈琲でも良かったな。粒餡派だけど悪くない。

前回文に一票入れた人が皆二票入れてくれますように!あぁでも俺咲夜に二票だΣ

>nanashiさん
ジギザギエロスはすばらしいですよね!
HPのカラーイラストとかやりすぎ感漂いまくりでそこにしびれる憧れるぅ!

>ゆうさん
suicaも可愛いから仕方ない!
安物などとおっしゃられるな、差し入れは大変ありがたいものなのです。お茶にクッキーは無理ですが珈琲も呑むので大丈夫ですよ!

咲夜描きたい熱、凄い今。文を描きまくると反動でw

| 氷川 翔 | 2009/03/14 01:50 | URL | ≫ EDIT

なんとー!?

>*pさん
>棺担ぎのクロ3巻が6月延期という現実は私の心を乾かすのには十分だった(挨拶

 きゃー! 12月号でちょっとこの先どうなるのかとやきもきしながら焦れに焦れて1月号を待ったら休載で、一月末発売予定だった三巻の発売が三月末に延期されて、さあ表紙絵も公開された今度こそ! と思ったら今度は五月末ですかー!? きゆづき先生、GAはきちんと描いていらっしゃるのに、私が一番好きな棺担ぎのクロは何故、此処まで放置ですかー!? ニジュクとサンジュが動かないクロちゃに縋り付いて泣いてますよー! しくしくしく……。


 そして、大量発注したとらの便がまだ来ないので、大半は読めずじまい、申し訳ないながら氷川さんの新刊もまだ目を通しておりません故、先に届いたメロンさんの本を読んでおります。で、その中の一冊、氷川さんもご紹介なされていらっしゃる「幻想郷地祇縁起絵詞 -現-」、私、すまき俊悟氏の同人を初めて拝見するので、これまで刊行された三冊の内、この最新の物を目にしまして。……吃驚! 作画が綺麗なのはホームページを伺って存じていましたが、CGが巧い方と単色が巧い方はまた別物なので、どういったものかとページを開いて脱帽。はっきり申しまして素晴らしいの一言です。これからも買わせていただきます!
 しかし死霊を穢れと断言しますかー。死者や死後の国について、これが厭離穢土の思想なら浄土宗、神道の考え方なら根の国ですが、根の国に棲まうのは純粋な死者であり、死霊という観念はありません。魂魄という物は唐から渡って来た思想であり、実の所、日本仏教では余り使われません(とはいっても、私も多少の知識があるのは鎌倉仏教以後に対してなので、蘇我氏が国教に制定し聖徳太子が法制化したそれ以前の仏教は果たして? 平城京の仏教はそういえば私、さっぱりです)。純粋なる精神の御霊「魂」、肉体の精気を司る「魄」ですが、寧ろこれらは儒教や道教の思想に近いようで、一括りに「霊」といえばヒンドゥー教と、それを祖とする大乗小乗仏教です。ですが此処で「祖霊になる」「死霊となる」「怨霊となる」「縛霊となる」など、霊を人間と具体的な関係を持たせたのは日本仏教です。先祖崇拝、所謂、孝悌の徳は古からありますが、大陸では「埋葬」という行為は権威者の場合、自分の権力財力を見せつける物であり、平民の場合は魂魄が抜けた体は既に「モノ」ですので、余り葬儀には手間をかけず土饅頭で済ませ、あまつさえ野生動物がそれをあさったりします。
 此処で難しいのが釈迦が唱えた印度仏教に対して日本仏教は全く異なった思想を持っているという点です。そも、印度仏教は「仏」という存在がありません。唯、己のみがあり、その修行の赴く先は唯ひたすらに悟りを開くためであります。天上天下唯我独尊とはまさしくその通りの言葉ですね。その悟りを開いた仏僧を「覚者」と呼称しますが、これは「輪廻(サンサーラ)」から解脱することを指し、この輪に囚われる魂とは生前の功徳(業:カルマ)が不足しているため、再びサンサーラの輪に取り込まれ、輪廻転生して生前のカルマに相応な存在に生まれ変わるというのがヒンドゥー教(バラモン教)の教えです。悟りを開くとその覚者はサンサーラを解脱し、「涅槃:ニルヴァーナ」に到ることが出来るのです。釈迦の「涅槃絵図」なんかで常にお釈迦様が描画されているのはつまり、初めて悟りを開いた仏僧様だからということです(大概が「釈迦涅槃絵図」という感じの題目になってます)。仏教はヒンドゥー教を祖としていますので、ヒンドゥーを発祥とした印度仏教にはこの思想が色濃く残っています。タイなんかは敬虔な大乗仏教の国なので、仏教の在り方が今でもきちんと残っており、仏僧は働く義務がない代わり、ひたすら修行に明け暮れる日々を送ります。働かないのであれば、どの様にして食を得るかというと、「托鉢」と呼ばれる行にて、鉢を持った仏僧が日に二回、村々を回って食料をその鉢に喜捨していただくのです。それによって村民は功徳を得て、仏僧は食を得る。互いに相互扶助の敬虔な関係が宿り、理想的な宗教サイクルを辿るというわけです。ですから、一昔前まではもう少しいた托鉢僧もめっきり見かけなくなりましたが、もし見かけたら喜捨してあげてください。本来なら食料なのですが、銭は寄進に分けられるのでオッケーです。僧の前に立って一礼すると、鉢をかかげてくださいますので、そこに浅く礼をして喜捨、すると大概、僧の方が左手に持ったベルを鳴らして深く礼をしてくださいますので、こちらも合掌して一礼しましょう。昔、大須不動尊にいらすったおっさまの笠の素顔が外人さんだったときは心底感心したものですけれど。
 ちなみに、仏教は仏教でもラマ教(チベット仏教)は印度仏教及び大乗、小乗仏教とは完全に似て非なるものですので、これがまた難しいです。私もラマ教の詳しいことは余り分かりませんが、大きな違いはご存じの通り、代表的宗教指導者が二人存在するという点でしょうか。このお二人がパンチェン・ラマとダライ・ラマで、この方々は死後、必ず転生して復活し、門徒によって見つけ出される、または前任者によって指名され、職に就きます。つまり、絶対的な宗教指導者がいる点が大きな違いです。
 で、我が国の仏教はどうかというと、基本的に我が国の仏教には崇拝すべき偶像崇拝的な「仏様」がいらっしゃいます。仏にはランクがありまして、一番偉い悟りを開いた覚者「如来」、お釈迦様の釈迦如来を筆頭に、阿弥陀如来、薬師如来などなど。これに一歩劣る修行中の覚者一歩手前の仏様が「菩薩」で弥勒菩薩、日光菩薩、月光菩薩(がっこうぼさつ)、般若心経で出てくる「観世音菩薩」も多くの菩薩様を総称した名称です。そして、実は意外な事実なんですが、元来は「密教にのみ」存在する「天」(仏門を守護する役割を持つ。梵天、帝釈天、四天王、摩利支天、金剛力士など)と「明王」(不動明王、軍荼利明王、馬頭明王など、未だ仏教に帰依していない民衆を教化する怖い方々が明王様)が日本の仏教で信仰を集める仏様です(決して「神様」では無い点に注意してください。「神」と「仏」は本来、相反する存在で、神は産まれながらにして神である点に対して、仏は悟りを開いた人間がなるものなのです。が、日本においては神仏習合の末に「本地垂迹」を遂げ、「神」とは「仏」が涅槃から現世に姿を現した「権現」様のことであり、つまり神とは現世における仏の仮の姿ということになり、神道と仏教が共存する体制が保たれました。牛頭天王が素戔嗚尊と何かしらのインド神、私が伝え聞いたところではシヴァ神と習合して産まれた神とされています。シヴァ神は仏教の信仰対象に列されていませんが、「天」の代表格、帝釈天はインドラ神、弁天様で有名な弁財天はサラスヴァティ神、吉祥天はラクシュミ神で毘沙門天の奥さん。毘沙門天はヴァイシュラヴァナ神、荼枳尼天がダーキニー神でこのお方、現世に顕現するときは白い狐に跨った姿で現れるといわれまして、「白い狐」は神道の存在なのですが、つまりはそれを九尾の狐とすれば紫様と藍様になるわけで(故に藍様のスペル「憑依荼枳尼天」の意味も何ともなしにぼやーっと想像できます)。ですが、これも明治の神仏分離令によってきちんと分離解釈されるようになりました。註:「神仏分離令」は明治政府が天皇制による立憲君主制を定めるにあたって、皇統に類する神道と仏教の区分を明確化するために発した令で、それまでは民の菩提を弔う寺の僧と神社の神官がかなりの割合で兼業されていたりしたのですが、それをきちんと区別する事が目的でした。対して「廃仏毀釈」はそれをどこでどう捉え間違えたのか、民衆が勘違いして神社と仏閣の区別をせよとの発令を仏寺排斥運動と認識して焼き討ちなどを行った蛮行を指します。明治政府が発した令には一切、そのような意図はなく、寧ろ驚いた政府側が慌てて事態の沈静化に乗り出したほどです)。
 で、日本の仏教は何が違うかというと、まず輪廻転生という思想はあるものの、そこまで強く認識されておらず、此処が「祖霊」の部分に係るわけですが、日本の仏教では死者を「仏」と言うとおり、死によって肉体より放たれた霊は初七日、七日七日、そして四十九日に至って転生を果たすと言われています。……が! そのあとも法要は続き、一周忌、三回忌、七回忌etc...そして暦が一巡りする六十回忌に至って大体、仏様が祖霊に変わるという認識です。つまりは神様になるんですね。ですが知恩院や永平寺など有名な寺院では開山上人750回忌とかやってますから、この方々はつまり覚者となって輪廻から外れ、常にどこかしらに御仏として存在しているということでしょうか?
 ちなみに、お盆にて迎え火を焚くのは仏教行事でして、極楽からご先祖をお招きするための儀式なんです。お迎えするときは胡瓜の精霊馬で浄土から素早く現世に還ってきていただきます。迎え火は私の地元では13日に焚くのが通例のようです。で、親戚一同が集ってご先祖様をおもてなしし、盆踊りで死者を偲び悼みます(ですから、盆踊りとはとても神聖な行事なので、J-POPやらアニメ主題歌やらをかけて適当に振り付けすることは、ご先祖様への冒涜にあたる気がします……)。で、お盆の15日に送り火を焚いて隠り世に帰っていただきます。このときの精霊馬が茄子。なるべくゆっくり帰っていただくようにとの配慮です。
 ……この通り、輪廻転生してませんよね? しかも日本には平安期に治安が乱れ疫病が流行った事から(「羅生門」で有名なあの状況です)、終末思想よりうまれた地獄観念がありますから、十王の裁きで生前に許されざる罪を犯した人間の魂は小地獄、大地獄に送られて罪を償わされます。……どのタイミングで刑が施行されるんでしょうか? 果たして刑期はどれくらいなんでしょうか? 四十九日などの法要の日程はずれないんでしょうか? 未だに分かりません。ちなみに、祖霊がこちらに帰っていらっしゃるのは盆の他に正月があります。お盆は迎え火と精霊馬が目印となりますが、元旦は何を隠そう、あの門松にご先祖様が宿ります。いつお帰りになるかが私も分からないのですが、元旦にいらっしゃることは確実のようで、松の内の三日に帰るという説と、七日の人日の節句(七草粥を食べる日)に帰られる説の二説を耳にしたことがあります。
 で、それがどうしたと厳しいツッコミをそろそろ受けそうなんですが、つまりは日本において死者は死した瞬間に遺体もろとも「仏」と成るので、決して不浄なものではないというのが一点。そして祖霊化と輪廻転生のどちらが正しいのか分からないというのが一点。
 死者が穢れをまとっているというのは神道観念です。神道において死者は例外なく「根の国」に住まうこととなるのですが、此処の住人は例外なく穢れており、万が一に触れられた場合は禊ぎをして穢れを落とさなければ成りません。国産みで有名な夫婦神の夫神、伊弉諾尊が死した妻の伊弉冉尊を根の国まで迎えに行き、見てはならぬと忠告された転生中の妻の姿を盗み見してしまい、その蛆がたかる腐敗した躯を見られたことにより激怒した伊弉冉尊は黄泉醜女の大軍を従えて伊弉諾尊を亡き者にしようとしますが、穢れながらも伊弉諾尊は辛うじて伊勢神宮内宮境内の五十鈴川ほとりに辿り着き、そこで禊ぎを行い穢れを落とします。これが神奈子様の仰っていた「穢れ」ですね。で、この禊ぎの際、左目を洗ったときにその水から産まれたのが天照大神、右目の水からは月読尊、鼻を洗ったときに素戔嗚尊が誕生します。
 ちなみに、神社に入ってすぐに手水舎があるのは、神社を不可侵の神域と見て外の穢れを持ち込まないよう、不浄を触れる代表格である両手と口を濯ぎ禊ぎとするためです。現状は明治維新による王政復古の大号令の元、神道復古を果たすためそれまで何派かに分かれていた神道のどれを正統の国家神道とするかに論が割れましたが、結局、明治天皇の御裁可により伊勢神道を本道と見ることとなりました。これによって伊勢の神宮を総本山、天照大神以下兄弟三柱が最高神となったわけですが、何とも意外や、天照様が明確に神道最高神と成られたのは、何と明治の世になってからなんですね。しかも、最終的に伊勢派と出雲派の二派が拮抗して論駁したそうですから、明治天皇の判断如何では、出雲神道が正道とされ、出雲大社が総本山、最高神は素戔嗚尊と大国主命の二柱になっていた可能性があったようで……。吃驚ですね。
 しかし、神道においてもやはり先祖崇拝というものは存在したようで、事実、檀家(?)の経歴を記す「過去帳」というものも存在します。はて?
 …………。とまあ、長々とくだらない蘊蓄を垂れ流して申し訳ないのですが、とどのつまりは、幽々子様は果たして霊的にどういう部類に属するのか、そもそも霊は穢れているのか、年月を重ねれば自動的に祖霊になるのか、それとも輪廻の輪に取り込まれるのか、昔に思った疑問を再び掘り起こされてしまいました。西行妖の封印の要とはいえ、仮にもきちんと弔われているわけですから、少なくとも悪霊の類ではないような気がしますし、縛霊……、は未練が元の霊ですから違う。一番近いのは橋姫様のような人柱の霊ですが、こちらは正真正銘の神様ですし……。ううむ……。
 というわけで、結論は出ずです! でも、少なくとも穢れてはいないような気がしますね。

 で、私が一番感動しましたのは、最後の諏訪子様が詠んだ祝詞! 美しい上にきちんとしてます! アレって幻想郷に住まう八百万の神に対して言祝ぎと献上の意を示した詩ですよね? 本当にあの美しさには度肝を抜かれました! 祝詞の本については私も少し目を通したことがあるのですが、大概が定型文句を使い回す独創性のない詩にまとまりがちで、あのように素晴らしい広がりを持った祝詞は初めて見ました! その文体や語彙の繋がりが正しいか否かはさておくとして(詠んで意味が分かるんですからいいんです!)、久しぶりに詩を「美しい!」と思いましたよ~。あの詩が見られただけで、あの同人誌を買った価値があったというものです。


 では、またもや長々と失礼しました~。もしお暇なら流し目で読んでやってください。氷川さんの新刊が届くのを首を長くして待っていますので。それでは!

| Mya | 2009/03/15 08:08 | URL | ≫ EDIT

>Myaさん
含蓄ある人間じゃないんで特に気にせず読んでましたねー(笑
うちもメロンで大量購入してしまい。イベントの後は基準が下がって買いすぎる傾向が・・・。

まだ漫画に慣れてないそうですが、それゆえ今後の進化、漫画への摺り合わせを行ってどう変化していくのか楽しみです。

| 氷川 翔 | 2009/03/15 10:56 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://hs1.blog122.fc2.com/tb.php/99-9cefc186

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。