PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

冬コミ近辺の本

大分遅くなったけど今回もらった本とかで。
今回一番感動したのはGolden Pe Doneさんの鬼神狂-前編-かなぁ。
絵描き的な意味での部分が大きいけど、やーあの萃香の動きの再現度はもう。スゲェなぁ。
愛が器におさまりきってねぇ。だだもれ。

後はazの魔理沙VSにとり。
ノリノリで描きすぎ。なんだろう、これが見たかった!って感想は正しいのか?
君たちにはまだ本当のおのけいを見せていないということを・・・ッッッッ!!!
是非このノリでバトルしまくって欲しい。

L.Mの究極最後エネルギー。
お空が可愛い、それだけで良い。あれ俺そんなにお空好きなわけじゃないのにこいつ愛せるぞ。
テンポの良いギャグが素敵だなぁ。本編後のおまけも笑った。

身内でアレだがかるーあみるくのまぎれもなぎな。
あぁうん。君は本当にアホだな。こんな男前の魔理沙見たことねぇ。あっきゅん可愛い。

最近ってわけじゃないけど即席魔王さんの漫画は本当いいなぁ。
なんというか、自由だ。フリーダムだ。ここのゆかりは素敵過ぎる。
その頭の柔らかさを分けて欲しい・・・。

本出してるわけじゃないんだけど絵が好きなサイトQ.Pさん。
絵が魅力的過ぎる。多分表情に一番惹かれてると思うけど。一目見てから大ファンだ。
自分が最も評価する絵の魅力ってやっぱ表情なんだよなぁ。
デッサン上手い絵は「尊敬」が一番的確で、表情豊かな絵は「好きだ!」が的確。
自分の絵もそんなに強い表情苦手なわけじゃないけど、
この人の絵見てるともっと魅力的な表情を描けるようになりたいなぁ!って思うなぁ。
まぁもちろんデッサン力も超欲しいですよ?

後はー。
チヒロさんに茶戸さん長編完結お疲れ様でした。
そのボリュームを描ける腕力が羨ましい。もうただただ圧巻だよなぁ。
一つの大きな作品が終わって、次に何を描いていくのかとても楽しみ。

なんつーか上手い人増えたよなぁ。東方に限らずなんだけど、
若くて上手い人ってのはどんどん出てくることたけのこの如しだ。
刺激になるよなぁ。負けてられん。

○レミリア=スカーレット
レミ002
きっと前回の人気投票の後のアレはおぜうなりに萃香に元気を出して欲しかったんだよ。
咲夜と文の方が良く分かってたというお話。

| 東方落書き | 21:53 | comments:12 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

良いですねぇ~ファミレスでネームとか憧れますよ俺。
18歳は超えたけどまだ高校生と言う仕事が残っているので夜11時以降はファミレスにいた事が無いし(後外見が18歳以下らしい・・・)

今年初おぜうだぁ!!今年はカリスマブレイク年なのかカリスマ年なのか・・・どっちだろ?

| 耳手 | 2009/01/22 23:42 | URL | ≫ EDIT

んにゃぁっ! お嬢!!

就寝前に覗いてみれば…日に二度も人を殺す気ですか、あなたはw

良い夢見れそうです(笑)

| 青黄玉 | 2009/01/23 00:15 | URL | ≫ EDIT

八重b(黙ってろ!!

人気投票初めてやってみました。キャラ部門は文、中国、妹様、慧音先生、⑨でっす。文、超頑張れ!!そして音楽部門は7曲中5曲が紅魔のものと言う。自分的に一番難しかしくてやり込んでたので、曲が染み付いたのかな・・・

自分もなにやら描いたりしてますが、なかなか上達しません(泣)もっと頑張らねば・・・

| 夜式 | 2009/01/23 14:32 | URL | ≫ EDIT

二度コメ申し訳ありません。
寝ぼけてたのかファミレスなどとコメをしてる自分がいました。(流してください

鬼神狂はかなり良かったですね。後半のスイカの活躍に大いに期待!!
後、まだ読んでないけどazさんの漫画はおもしろそうです。

| 耳手 | 2009/01/23 16:18 | URL | ≫ EDIT

投票完了、氷川さんと被ったのは…レミ・萃香のようです
他は、妖々夢から入ったせいかそれ出身が2に地霊で心躍る熱い弾幕を見せてくれたトラウマ使いさんです
レミィはもうここでは言わずもがなw
萃香はねみぎさんも参加されていた合同誌「酔夢双」で遊葉さんの描かれていた萃香にやられたようでして…
異変の裏にこんな背景があるかと思うと抱っこしてやりたくなりました。でも不用意に近づくと天手力男投げ。世知辛い。

そんなレミ萃漫画が掲載されているという虎の本を買い逃したのが痛すぎたC75…
まだ諦めきれないので週末探してきます。

| 164% | 2009/01/23 20:06 | URL | ≫ EDIT

おぜうさまあああああああああああ
八重歯がかわいいなあ・・・

最近色々な絵師さんの同人誌かってみてるけど増えすぎで金が全然足りないwwww
面白いの多すぎだよぅ・・・///

| ホワァ! | 2009/01/23 23:43 | URL | ≫ EDIT

おぜう様が可愛すぎる!
うちも人気投票してきましたが今回のおぜう様はどうなるんだろう・・・
地霊殿組も人気でそうだしおぜう様にもがんばってもらいたいところです

ねみぎさんの魔理沙は男前過ぎる…まさに魔女だった・・・

| しにち | 2009/01/24 13:02 | URL | ≫ EDIT

初めまして、「式が西向きゃ尾は東」の頃から楽しませて頂いている咲夜さん好きです。
投票は紅魔組(もちろん咲夜さん一押し)が被りました。
あとはルナサ・妖夢・チルノ。

ルナ・ダイアルについてですが、Rolandのソフトウェア音源・VSC体験版をDLして紅魔郷のゲーム内オプションでBGMをMIDIに変えると……
美しさと迫力、重厚感と儚さという相反する要素が不思議とマッチした名アレンジ(本家ですが)を聴くことができ、「MIDIなんてWAVの劣化コピーでしょ? そう思っていた時期が俺にも(ry」と思い知らされます。
メイドと血の懐中時計も耽美系に昇華し、月時計と合わせて聴くのがお勧め。
ただ上記体験版には期限があり、VistaではそもそもMIDI自体鳴らないのが難点ですが……

| ケイ | 2009/01/25 00:14 | URL | ≫ EDIT

>耳手さん
深夜のファミレスは人が少ないので絶好の環境なのですよ。22時前に入り深夜料金無しに深夜に入り浸るのが俺のジャスティス(そんな正義は捨ててしまえ

おのけいさんの漫画はあのノリでもっとボリュームアップして欲しいなー。次も期待したいところ。

>青黄玉さん
おぜうは可愛い。しゃがみガードなどされた日には何故かこちらのガードが砕かれることであろう。

>夜式さん
紅魔郷の曲はやっぱ一番最初に触れた東方、自分的にも評価が高いものが多いです。
文・・・残念だった。

思考が伴ってさえいれば数は絶対に裏切らない。描き続けることには必ず意味がありますよ。

>164%さん
さとりさんは中々素敵な演出でしたよねー。毎回4ボスは特殊なキャラ、弾幕が多い印象なんだけど今回のは特に。思わず叫ぶよあれはw

なんかお年玉企画とか言うものだったらしいです。冬コミで出すと聞いていたのですが出なかったとか。情報もらってないので何も分からん・・・。

>ホワァ!さん
うまい人増えたけど探すのが大変なんだよなぁ。
絵である程度判断出来る分同人誌はマシだけど。んだもんで最近は本当に本しか買わなくなってしまった、音楽は探すのに労力が要りすぎる、そこまで体力が回らん・・・。

>しにちさん
あれはまさに魔女でしたよね・・・しかも天然の!!
お前後天的な魔法使いじゃなかったのかとw

おぜうは健闘しましたね。だが・・・。

>ケイさん
咲夜一押しは譲れないものが!

原曲はやはり強いのか・・・そしてルナ・ダイアルは曲とあのナイフの弾幕がマッチしすぎててゲーム中に聞くのがなによりも!
他の曲も、弾幕とともにあると言っていいのですが、咲夜のルナ・ダイアル以上に曲と弾幕がマッチしてる曲は無いだろう・・・。

| 氷川 翔 | 2009/01/26 07:04 | URL | ≫ EDIT

「鬼神狂-前編」「Elemental 8」「藍vs紫」は私も購入して降りまして、新刊が発売されるたびにわくわくさせていただきました。「鬼神狂-前編」は酔いどれ萃香のかわし方の表現が凄いです! チヒロさんに茶戸さんは本当に素晴らしい長編をありがというございましたといいたいです。特に茶戸産、うちの紫様も元は4ボスくらいの実力で、レイラの創作ですとか、輝夜との邂逅ですとか、レミリア様との対戦ですとか、かなり目を見張るものがありました! うちの紫様は実のところ二代目スキマ妖怪、前身は初代スキマ妖怪の式神でしたが、元は洛中に居を構える名族の出身であり、陰陽寮にて一軍を預かる地位にありました。しかし朝廷に弓引いたスキマ妖怪たった一人を全軍で攻め、たった一人に文字通り全滅。紫様は敗軍の将にて唯一生きながらえさせられ、慰み者となり、呵責無い身の上に体を窶しながらも、憎悪をひたすら復讐の念に変え、それのみで昨日までの友であった友軍の屍肉を喰らい、生きながらえた挙げ句、初代スキマ妖怪はその力を紫様に渡して業をやり遂げた笑みの元に紫様の目前で自害。紫様は生きる目的を失ったと同時にスキマ妖怪の呪縛によって自害することも許されず、残ったのは憎き朝敵、スキマ妖怪の跡継ぎ。とある禅僧の献身により何とか精神を持ち直しますが、それまでは生きる屍でした。
 後の世、初代西行寺の妻(西行寺家の長女、揚羽。後の魅魔)と西行妖を封じるため彼女と共同戦線を築きますが、一方で万が一は彼女を人柱にすることに決心。結果、状況は悪い方に転び、揚羽は自分が最初から利用されたと思いこんで怨嗟の声と共に西行妖の封印の礎となります。紫様は揚羽が一身を賭して西行妖を封印したと報告し、揚羽の長男が初代藩主となると共に、揚羽が出産した西行寺家長男が知行を賜り西行寺家は大名になります。が、当時の紫様の封印術はまだ未完成のもので、日と共に封印が弱まることを予想していました。そして、代を重ねるうちに西行寺家に天稟の娘、幽々子が生まれます。此度こそ何にも依らず己のみの力で誰にも察せられることなくひっそりと西行妖の封印を完璧なものに仕立てようともくろんだ紫様ですが、幽々子様と西行妖の同調率が余りにも度を過ぎていて、結局はそれのおかげで手間無く西行妖を完全に封じることが出来た一方、紫様は幽々子様に自害を強要してしまいました。そんなこんなで、藍様を式にしたのも、実は己の無力さと絶望から逃れるべく、自殺の片棒を担がせるためでしたり……。
 この通り、うちの紫様はとことん不幸な方です……。ですから、何が何でも幸せになって欲しいんですよね~。


>「南部美人」
 これは決して「南方の酒」という意味を記すのではなく、実はもっと単純で明治維新前の幕藩政治時代、八戸あたりを治めていた藩が南部藩だったためについた銘でしょう。南部藩(後の盛岡藩)と酒造りの関係は親密で、南部藩は現在の岩手、青森、秋田に跨った藩であり、藩を上げて酒造を奨励していたことから、このあたりの出身で技術を学んだ杜氏さんを「南部杜氏」と呼称します。実は前記事でご紹介した「母情」を醸造している平野醸造の杜氏さんも青森の南部杜氏さんなんですね~。雇われ杜氏なので夏場は青森でリンゴ農園を、冬の造りの時だけ美濃郡上に出稼ぎにいらっしゃるそうです。実は杜氏は出稼ぎ業の代表格で歳の半分は自宅を空けるのです。自身の葬儀すらも蔵で催すことが多々あったそうですよ。
 しかし、精米歩合35まで削るからにはよほどしっかりした心白をもった酒米でないと芯が割れてしまいますので、恐らくこの山田錦は播州産山田錦。酵母は協会酵母の秋田二号ですか~。一昔前は大吟、純米大吟の酒米といえばどこもかしこも播州産山田錦、一ランク下がれば五百万石、酵母は熊本協会酵母、自前なのは水と杜氏の腕だけというのが通例でしたが、最近は山田錦を交配させて品種改良し、地域独自の酒米で造りをしようという動きが大きいです。酒造好適米もずらりと増えて、本当に日本酒ファンとしては嬉しい限りです!
 南部藩は実は鎌倉から明治維新まで700年間生き延びた唯二つの藩のうちの一つなんですね。最終的には奥羽列藩同盟にて朝敵とされましたが、関ヶ原と違って明治維新は敗者に極めて寛容であったため、賊軍という扱いにかかわらず、関ヶ原、大阪のように改易、割腹などという藩はほとんど無く(一藩だけあるのですが、この藩はしようにも石高が一万石で減封しようがないという事情があったようです)、減封の上に領地替えという極めて寛大な処分ですんでいます。
 というわけで、維新後も会津仕置きという激戦を越えて尚、領地替えなどの憂き目に殆どあわず幕藩体制が県民性に直結し、依然として生きたままである現代においては、杜氏組合の特色は実は県より藩による特色が大きいようです(所謂「県民性」というものも、同じ愛知県ながら尾張と三河では本当にまったく異なりますし。むしろ美濃の方の方が親密度が高いです)。一昔前は杜氏が変わって一気に味が落ちたという話もよく聞きましたし、逆に味は持ち直したが全く違う酒になったというのもあったようです。そのあたりも日本酒の妙味といえば妙味なのですが、やっぱり味の伝統は受け継いでもらいたいなというのが個人的欲求であったり……。いやはや、人間とはかくも欲深いものです。
 以上、またまた長文失礼いたしました~。お暇なときにでも斜め読みしてやってくださいませ。

| Mya | 2009/01/28 05:30 | URL | ≫ EDIT

>デッサン上手い絵は「尊敬」が一番的確で、表情豊かな絵は「好きだ!」が的確。

などと言ってる氷川さんの絵は、僕から見ると尊敬+好きです。
レミリアに限らず、八重歯最高。

| 詩季 | 2009/01/31 15:22 | URL | ≫ EDIT

>Myaさん
に、日本酒への愛が駄々漏れですな。
なんぞや精米歩合も凄いのになると20台とか出てくるみたいですね。恐ろしい・・・というか80%近く米ぬかとして捨てるのですよねぇ。もったいない気もw

いつか呑んでみたくはあるんですけどあんまり若い内に出会いたく無い酒ではありますね。舌が肥えすぎるのも良くない(苦笑

>詩季さん
そう言っていただけるのはとても嬉しく。
かつて自分が同人を書き始める頃、今の俺みたいな人の絵や漫画を見て同じような感覚を持ったと思います。

月日をかけて少しづつ前に進み、でもまだまだ先に居る人々がいっぱい居て。漫画も絵も終着点まではまだまだ遠いですわ。
「尊敬」も「好きだ!」もどっちも自分がまだ持ってないものを持ってる人に感じるものなんですよね。どんどん吸収していきたいですわ。

| 氷川 翔 | 2009/02/01 14:06 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://hs1.blog122.fc2.com/tb.php/92-0f301131

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。