PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ラジオ文化

ラジオのすげーところって音だけで全てを伝えることだよな。
聞き手に脳内でイメージ勝手に作れよなーってことまで織り込んでしゃべってる。

TVとラジオの違いは自分の感覚としては漫画と小説のそれに近い。
脳内で絵を作れよなーって投げかけ方が。
表現の幅は前者より狭い媒体だけど、その中でしか出来ないこと、
ってのがあるのはなんだか面白いね。

漫画描き仲間でラジオ聞いてる人って結構多い気がするけど、
そーゆー脳内で絵を思い浮かべる能力が一般の人より高いからこそより楽しめてるのかな、
等と思ったりもする。

○風神の護り
霊夢009
鴉の闇。
文のボムは頼りになるなぁ。何がでかいって前後両方の弾を当てれるのがでかい。
威力はパッチェさんの中心当てには敵わないが移動が出来る分汎用性が段違い。
弾消し性能もそこそこだし非常に優秀。

コンビとしての好き、はマリアリや霊夢萃香のが好きかもしらんけど
この二人の掛け合いは中々楽しいものがあったよ。

| 東方落書き | 06:53 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

射命丸のボムの使いやすさはガチ
でも高速移動を使う機会は中々無いという

| Ph | 2008/09/04 07:02 | URL | ≫ EDIT

ようやく体験版できたー
文は楽しいしつおい
永夜抄で妖夢単体をよく使うから高速移動も使いやすい
萃香の能力は・・・微妙www
紫はあいかわらずw

これから魔理沙やってきますー

新刊買ってきたけどネタすぎて糞ワロタwwww

| ホワァ! | 2008/09/04 22:00 | URL | ≫ EDIT

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2008/09/04 22:02 | | ≫ EDIT

清く正しい元主人公

何とも凛々しい文。こんな文に守られてみたいっ。
神の侵攻~でぶちまけたカリスマ的成分がみるみる回復していくようです。

高校生という若さに対して地霊2ボスよろしくジェラシーしておられるようですが大丈夫(?)
ここに26才会社員がフラフラしておりまする。
夏休みなんて…夏休みなんてっ…!

| 164% | 2008/09/05 01:18 | URL | ≫ EDIT

>Phさん
高速移動はアイテム回収のときくらいっスねぇ。
2ボスの弾幕とかで弾撃たずに移動したい時あってそこで事故りそうになって困る・・・。

>ホワァ!さん
おー、妖夢使いだったら合うだろうなぁ。
自分は妖夢苦手で幽々子ごり押し派だったんで苦労しましたよ慣れるまで。

萃香はちょっと残念なパワーですけど(てか何故萃香が火力一番じゃないんだ霊夢機体)アイテム回収の特殊能力は中々に便利。

新刊はまぁノリだけで全てが。


違う違う、論理がちょっと捩れてるよ。
俺の言ってるのは君の言を借りると小説家はすべからく小説が楽しめる、だけど逆に対しては明言してない。
漫画描きはすべからく脳内でのイメージする力が強い、だが逆は真ならず。必要十分条件と言ってるわけじゃないんです。

まぁ絵をある程度描けるようになって来ると感覚が変わってきて、イメージ出来るものはすべからく描ける(あくまで自分の絵で)ようになるんですよ。逆にイメージ出来ないものは何も描けない。

そのイメージを広げるために、色んなものを見るんですよね、漫画描きは(君の言っている能力は描写能力(人物、背景などを描写する能力)、俺の言っている能力は構図構成能力(どこに何の絵を置く?カメラアングルはどうする?といった能力)と言ったら分かりやすいかな。

>164%さん
神の侵攻なんてカリスマの塊だったじゃないですか文(笑
文はなんだかんだ(第三者の視点で~とか)言いながらピンチには手を出してくれそうなイメージ。

夏休みなんて・・・夏休みなんて!
会社員にとっては夏は地獄ですな・・・暑さはどうやってもしのげない。

| 氷川 翔 | 2008/09/05 19:21 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://hs1.blog122.fc2.com/tb.php/71-704eea97

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。