PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

魔法の呪文エイプリール

さぁ唱えようエイプリール。
この魔法を唱えることにより都合の悪い現実は全て嘘の世界の出来事に出来るのだ。
問題は一日で効果が消えることだけ。

それだけが・・・問題なのだ・・・。

○ようむようようむようむ
妖夢007
地味に俺半霊上手く描けなくて苦手なんだよなぁ。いやいくらなんでもこりゃ適当すぎだけどさ。
正直夏、咲夜VS妖夢を描いている暇を作れる気はしない。でも描きたいなぁ・・・。
時間が欲しい。いやあるんだけど無いんだよ。不思議だよなぁ。

ところであくまで俺はアナログから離れられない人間だけど、
他人には基本的にタブレットで描くことを勧める。
本当に単純な理由で、どう考えてもタブレットの方がアナログ画材より優れているからだ。
(Gペン使って10年経つため流石にタブレットでは引けない線を引けるが、
Gペンでまともに線引けるようになるまではかなり時間かかるものだ。

俺がボールペン好き好き言ってるからボールペン使ってみようかなと思ったりする人も
居るかもだけど、その時間タブレットで線引いた方がタメになるのは疑いようの無い事なので一応。

| 東方落書き | 12:41 | comments:13 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

エイプリルフール!
昔はよく騙していた小学校時代。
今では存在自体が薄く;

妖夢はあまり描いたことが無いのですが、刀がなかなかうまく描けないのですよ。
あとは構え方とかですかね。全キャラに言えますが;
ポーズ一つで何度も描き直した結果は眼や輪郭を幾つも描いて練習用紙に…(そこにポーズがないのは何故!

それでも僕はアナログを進みますけどね。
特に理由があるわけではないと思いますけど。
なんとなく、この道が好きなのかもしれません。

| 志然 竜気 | 2009/04/01 14:12 | URL | ≫ EDIT

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2009/04/01 17:47 | | ≫ EDIT

エイプリルフールはイギリスが発祥とかなんとか。イギリス人だと嘘言われても笑い飛ばすが、日本人だと国民性的に怒る人が多そう。というか僕の周りだと多いですね。

あと、あくまで僕は、ですけど。
デジタルよかアナログの方が誤魔化しが効ゲホゲホ描きやすいなーと思います。感覚的なモノですが。
何より、長くアナログやってると、デジタルのタブレットのすべり具合が使いにくいんですよね…。
ああでも、平行線が容易に引けるからデジタルも好きです(笑)
そういえば友人でボールペンばっかり使ってる人が居たなぁ…。曰く描き直せないから修正跡が良くわかるとか。数式か…?

そういえば、妖夢は刀を描くのが好きなので序に結構描いてたり。ただ、どう見ても刀に力が入ってるので妖夢は適当気味。

| 詩季 | 2009/04/01 18:15 | URL | ≫ EDIT

いやぁ~やっぱりアナログですよ。
デジタルも良い物なんですけど、せっかく高校までアナログでやってたんだからアナログをもう少しマスターしてからデジタルに行きたいと思います。

そういえば、雛札さんのサイトが魔法の呪文を乱用してましたねww

| 耳手 | 2009/04/01 18:18 | URL | ≫ EDIT

ぶっちゃけペンタブで円を描けません(泣)
やはり慣れるしかないんだろうな・・・

9日発売のREXに星蓮船の体験版が付いてくるらしいね。
ってわけで。ネタバレ・・・そろそろいいよね?

| ホッポッポー | 2009/04/01 23:00 | URL | ≫ EDIT

半霊。
やめて6Cやめてぎゃあカウンターヒット、追加の22Cがああ痛い。

そんな緋想天的イメージ。
半霊も妖夢なわけで、やはり女の子なんでしょうか。

>時間が欲しい。いやあるんだけど無いんだよ。不思議だよなぁ。
>
すっごいわかります。実感として。不思議ですよねぇ。

デジタル流行る前から、描けないけど見るのは好きだったので、やはりアナログへの憧れはありますね。
でも、現実問題その技術を習得するだけのコスト(時も金も)を費やせないので、デジタル技術を活用してのお絵描きを最近はじめました。
intuos3とSAIと。必要な環境を簡単に整えられるのはデジタルの強みですね。
東方二次創作を読みあさっていると、自分でもやってみたくなるのです。

で、結果。
お絵描き練習したい緋想天したい他のゲームしたいでも眠いあああああ時間ねぇ!
そんな日々です。

| 芝 | 2009/04/01 23:08 | URL | ≫ EDIT

\エイプリルフール/

嘘を考えるだけの知能が無いので
普段から嘘をつかない自分には無縁っぽい日だったりします^^;

>>時間が欲しい。いやあるんだけど無いんだよ。不思議だよなぁ。

これ、すっごいわかりますよ!

気づけばすぐに1日が終わって~あぁぁ!!!らめぇぇ…

| YK=アギト | 2009/04/01 23:51 | URL | ≫ EDIT

はじめまして。レムレースと言います。
翔さんの絵が、特に目が大好きです。

万愚節でしたね。昨日。
僕は後輩に買い出しに誘われて、園芸用土、一袋4キロを12袋ほどはこばさせられました。お買い物行きませんか?って言ったじゃん。嘘はつかれてねえけどさあ。

最近絵を描き始めました。
と言ってもそもそも絵とか書いたこともなかったので、何をすればいいかもわからず、他人の絵の模写ばかりしています。何回かいても死んだ目になってしまうんですよ。
翔さんの絵の眼力の強さはあこがれです。

アナログのほうが、本格的にやらない限り初期投資が少ないので、現在はアナログ派、でもいつかは……。

| レムレース | 2009/04/02 01:40 | URL | ≫ EDIT

エイプリルフールにまにあわず…orz 
自分はいつまでもアナログ派ですね。 ペンタブレットは使ったことがないので、いつかは使ってみたいものです。 

ボールペンで絵は怖いものです。ちょっとでも失敗したら修正がきかないと思うと普段通りに書けないんです。
絵は特に暇になった時に少しずつ進めるので一つの絵を描くのに時間がかかってしょうがない…。 最近になって思います、時間が欲しいと
絵を早く描けるようになるのはやはり、なれですかね^^; 

| 丸点 | 2009/04/02 07:41 | URL | ≫ EDIT

非常に元気の出る返事アーザス!!
エイプリルフールで賑わっていたWEB界をいまさらながら知る今日この頃です。馬鹿っぽくプールで土座衛門ごっこはしていましたがww
最近は基本鉛筆書きばっかです。
魂魄ですか。。。立体視しずらそうですね。基本白ですし。

| aogiri | 2009/04/02 10:20 | URL | ≫ EDIT

 実は万愚節より灌仏会の方が個人的重要イベントであったりというか、万愚節でそれらしいことを生まれてこの方、したことがないです! でも灌仏会は毎年、適当なお寺さんに甘茶をかけにいってます。仏教人! 更に同時に神道人です。
 今年は大県、田県の豊年祭に行けなかったので、いつものお店で芋切り干しが補充できなくて残念です……。新正月から今の季節までが旬の物なのにー。


>咲夜VS妖夢
 うわー、最高です。是非とも氷川さんの絵とキャラ設定で描いて欲しいですー。氷川さんの絵で、というのが催告にポイントが高くて、氷川さんの咲夜さんと妖夢で、というのが二番目にポイント高いです! 寧ろ是非、氷川さんに描いていただきたい漫画ですねそれは。理由は……、スイマセン、なんか私が書き込むといつも長文になりますね、申し訳ないです……。では、以下につらつらと氷川さんに描いていただきたい理由なぞをば。
 というのも、私のキャラ設定だとこの二人に関しては、戦い方こそ方向性はまるで逆なれど、実力域としてはほぼ伯仲という感じなんですね。というのも、咲夜さんに対しては氷川さんに関わらず、おおよその方が想像しうるような戦い方をしますし、精々が更にプラスして美鈴仕込みの接近武術があるというくらいです。まるで違うのは妖夢に対する認識で、うちの妖夢さんはあの華奢な体躯で、大太刀拵えの柄含め四尺越える楼観剣を柄頭握って尚、上半身の膂力と握力だけで自在に振り回します。しかも、太刀筋はあくまで力ずくの「潰す」ではなく、技の伴った「斬る」であります。普通の剣人が三尺足らずの刀で両手を以て行うことを、妖夢さんは四尺越えの肉厚重量抜群の太刀拵え刀で軽々とやってしまうんですね。化け物です。馬絽祐実さんも吃驚です。
 剣術においては基本、太刀筋は「米」の字を描きます。上段振り下ろし、袈裟切り、逆袈裟、水平薙ぎが基礎となり、それに各降ろし太刀筋の「戻し」、所謂、逆袈裟戻し等の戻し太刀筋が発展系、そしてそれらを連携させて初めて半人前の域なんですが、江戸後期に於いて栄えた幕末三道場、小野一刀流や柳生一門、馬庭念流や薩摩示現流、果ては天然理心流から徳川剣術指南役、初代将軍指南役である宗家柳生但馬守宗矩、武の技においては柳生宗矩すら凌ぐ当世随一とされた柳生兵庫助利厳(兵庫殿は剣のみならず、長刀、槍、打ち組み全てに於いて並ならぬ才を発揮しております)ですら両の手にて大刀を振るっております。
 「剣は片手で振るうなり」と唱えたのはかの有名な宮本武蔵ですが、実はこれは「剣法」ではなく「兵法」として考案されたもので、故に「五輪書」は剣術指南書ではなく兵法書なのです。実際に彼を開祖とする二天一流は剣術道場ではなく兵法指南所です。以てして、宮本武蔵以降も「片手で剣を振るうことを基礎とした剣術」が隆盛しなかったことを鑑みると、現実として片手で大刀を振り回すというそれを体現できる人間がいなかった事と、具足をまとわぬ裸身での剣にて生死を分けるのが刹那の間である以上、一合二合と長々と剣を打ち合うことが現実的にあり得なかったという考察がなりたちます。対個人戦のみ想定すれば兵法はそこにつけいる隙が無く、差は個人の武力、即ち心技体のみ、故に兵法が活用される戦に於いてならば片手一刀は理にかなうものの、剣術においては常に敵味方ともに一人ずつ。よって、実は室町末から安土桃山、所謂所の「戦国時代」にかけて剣術の主流であった皆者剣法という剣術が既に「剣は片手で扱う」という常識を打ち立てていたにも関わらず、江戸の泰平なる世に入って具足をまとうことが無くなり士分の者以外、帯刀が許されなくなると、もっぱら威力で相手を圧す諸手構えの両手持ち剣術が主流になったわけです(あくまで個人的考察ですが)。余談ですがこれを肉付けする故事としては実際、切れ味優れた日本刀でも肉を切りあまつさえ骨を断つという域に達するには、並ならぬ修練による技量と実戦を経てしか備わらぬ胆力が必要とされました。「初段」とは「人一人を確実に剣技で以てして葬り去ることが出来る」人間にのみ与えられる武人としての目安なのです。
 で、妖夢さんは基本的に空いた逆の手に何を持つかというと、実は白楼剣を常に握るわけではありません。寧ろ、対峙した時点から両の手に刀を握ることは滅多にありません。妖夢に振るわせれば刀身が三尺五分を超える楼観剣は槍以上の、絶対凶悪な致死領域三尺五分の半円を描き出します。だからこそ、相対する者は妖夢の振るう剣に打ち負けぬ技量と刀がない限り正面から正直に打ち合うには余りに分が悪く、従って間合いを潰して自らの戦い方に持ち込むか、更に遠間から攻撃するしかありません。妖夢の左手は一つ、無合い(密着間合い)に持ち込まれたときに剣術から打ち組み術に変化するための一手、遠間からの飛び道具などを防ぐ手、逆に相手の不意を突いて自分が飛び道具を投げたりする一手、絶対の一撃を放つ為に楼観剣に添える最後の一手、つまり妖夢の空いた手は攻守に不意の備えを兼ねた究極の後ろ備えなのです。
 で、私の中の咲夜さんは接近戦ではナイフではなく、もう少し間尺の長いショートソードのような咲夜さんの体力で振り回せる武器を片手一刀、併せて二刀を持ち、体術を組み合わせてどちらかというと後の先、後の後を主体とした「敢えて相手に先手を打たせて捌き、隙を生じさせ討ち取る」というスタイルを得手としているのですが、妖夢相手に真っ向から勝負を挑むと、私の中の咲夜さんの技量と体力では余りにも分が悪すぎるのです。もとより、咲夜さんはそういう正面切って一番槍を納めるような戦い方を好まない方ですので、妖夢が相手であれば、地の利や策を用いて出来る限り自分を危険にさらさず徹底的に相手の消耗を誘い消耗したところで確実にとどめを刺す、所謂、ゲリラによる持久戦に持ち込むなど戦術を駆使する明晰な策士です。
 お解り頂けたかと思うんですが、咲夜さんと妖夢が本気で闘うと、殺し合いになるんです。そもそも、修めている武が見事に重なり合いませんので、競う技を限定する「試合」であればお互いに倣うところはあるのですが、これであると咲夜さんは完全に妖夢の土俵で闘うことになってしまい「本気で」闘うことが出来ないんです。よって、両者が共に本気で勝ちに行こうとすると、かなり泥臭くなります! おおう、見るも凄惨な……。ちょっと凄いことに。
 寧ろ私の幻想郷世界では、妖夢としては咲夜さんはどちらかというと「人間的に」お姉さんに当たるような近しい女性の見本の様なもので、武人として以上に、人間的な素養や教養の面での「目上の人」として敬っており、武術の研鑽であれば美鈴や藍様につきあってもらう方が恐らく、的確なアドバイスがもらえるし充実した訓練が積めると、妖夢自身はもとより咲夜さんの方も認識しているはずです。

 というわけですので、恐らく氷川さんの世界での「咲夜さんの胸を借りて闘う敵うはずがない所の戦いを全力でもってして戦い抜く妖夢」が「妹のように想っていて今日も指導するはずが、思いがけず窮鼠に噛まれてその成長ぶりに嬉しく思わず全力を垣間見せてしまう咲夜さん」に向かうような、そんな感じになるのかなーという実に瀟洒な漫画が見たいです!

| Mya | 2009/04/02 13:57 | URL | ≫ EDIT

Gペンの練習にインクかって来ました(原因=バクマン+氷川さん)
右上の妖夢に共感です。
かっこいいポーズ=現実に取れる姿勢=実際に書いた絵
この3つは必ずしもイコールにならないんですよね。
おかしいな頭の中ではコレだって思ったのに。
あと横レスっぽくて悪いが上の人ハンパネェな。
ドンだけ妖夢VS咲夜が好きなんだ。
おれとしては格下の妖夢に油断してイイのもらって本気になって咲夜さんの辛勝ってとこかな。

| コノハ | 2009/04/02 23:22 | URL | ≫ EDIT

>志然 竜気さん
毎年ネットでは皆なんかしらやってるみたいなんですけどあんまり意識に無いお祭りなんですよねぇ。

妖夢は刀の上に二刀ですからねぇ。描きにくいったら。一刀なら参考資料見ながら何パターンかつかんでいくといいですよ。二刀は資料に困る困る。

好きって感覚は何より大事。俺もアナログが好きです。


そういえば自分が一番初めに描いた漫画(オリジナル)もそんくらいのページだったなぁ。懐かしいものだ、気合で乗り切ってください。

>詩季さん
エイプリルフールに嘘ってネット上以外でつかれたこと無い気がするなー。

デジタルタブレットがすべりやすくてやりにくい場合、一枚コピー用紙とか敷くとざらざらして描きやすくなりますよ。まぁ描きやすくなるだけでやっぱやりにくいんスけど。

妖夢も半分愛してあげて。

>耳手さん
まぁ両方使えるに越したことは無いんですけどね。ただあまりアナログのレベルが上がってしまうと、どうしてもデジタルに移りづらくなる(一回レベル下がることになる)からご注意を。

む、それは見てないなぁ。

>ポッポッポーさん
デジタルならツールで円を引けばいいよ!
まぁGペンでも○を引く練習とかよく本に描いてますね。まったくやってないっスけど。

夏に完成版出るまで描くことは無いかなー。

>芝さん
6C当たればほぼどっからでも魔方陣とかもう本当勘弁して欲しい。持ちキャラが咲夜なんで対文なんかよりよほど絶望しか感じません。きつすぎる・・・。

半分女の子が正解。

やるべきことがあるわけで、やりたいことにかまけてるわけにはいかんのですよねぇ。うーむ。

>YK=アギトさん
一日って実は24時間無いんだよね・・・。
そして前の更新からもう3週間が経とうとしているよ死ねる!

>レムレースさん
はじめましてー。
最近?というか去年の夏辺りからかなり目に力入れてます。前から比べると大分目力強くなったかと。

おおぅ、計48kg・・・たいした後輩ですね!その誘い方はおかしいwww

死んだ目、硬い表情、そこは最初は簡単に通り越せない壁ですね。人によってはずっとそれ抱えてたりしますけど。
良い表情する絵が好きだったら、気づくと描けるようになってますよ。時間は年単位でかかりますががが。

>丸点さん
慣れである程度速度は上がりますが、慣れた上で早い人と遅い人は分かれます。俺はその遅い方に分類されますね。素人よりはさすがに早いですけど。

ボールペン落書きとか慣れないうちにやるものじゃないですよ。昔先輩がやってるの見て真似しようとしてみましたけど、全く使えませんでした。
でも今は非常に楽しい相棒になってます。失敗してもいいんですよ。落書きなんだし。

>aogiriさん
プールいいなぁ。泳ぎに行きたい。
夏までに腹筋を割ってやるのが目標でござるよ。ビーチには残念ながら行きませんが(苦笑

>Myaさん
おおぅ、これだけ語れるものがおありでしたらSSとか描かれてみてはいかがですか?SSの文体さえ作れるなら面白いものが書けると思います。

残念ながらすでにネームは出来上がってますし、自分は自分の描きたいものしか描きません。あくまで自分の漫画は人間を描きたいものなので、あまり武術に突っ込んだものにはならないと思います。

だがしかしそれも現実問題、時間に余裕が無く描ける気がしないのが涙目で・・・。

>コノハさん
Gペンは毎日握ってるといいですよ。落書きを原稿用紙に描いてGペンを使いまくる。一~二年でそれなりの線が引けるようになります。ようは慣れなんですよね。
(丸ペンとかの効果線、背景技術系はまたちょっと違ったものなので別個練習する必要がありますが。

俺は嘘っこでいいんで力こもったもの描こうと思ってます。実際には、を追求すると画力の面で問題がありますんで。

| 氷川 翔 | 2009/04/22 15:33 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://hs1.blog122.fc2.com/tb.php/105-cee2d4f7

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。